ユビー

関節リウマチ(類縁疾患も含む)
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
手稲渓仁会病院 総合内科・医長
中村 海人

「関節リウマチ(類縁疾患も含む)」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

関節リウマチ(類縁疾患も含む)と関連性のある病気

適切な診療科

関節リウマチ(類縁疾患も含む)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「関節リウマチ(類縁疾患も含む)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

主に手足の複数の関節が炎症を起こして、腫れや痛みが続く病気です。関節の炎症が長期間持続すると、骨や関節が変形したり、壊れたりしてしまうことがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 関節の痛みがある
  • 手の指が痛い
  • 関節のこわばり(動かしづらさ)がある
  • 関節痛は左右同じような場所にある
  • 関節に赤みや腫れ、熱っぽさがある
  • 関節が動かしにくい
  • 手や足が熱い
  • 手の指関節に症状がある
  • 関節に熱い感じがする
  • 股関節に症状がある

進行後のリスク

関節の炎症が長時間持続すると、骨や関節が変形したり、壊れたりしてしまうことがあります。日々の生活に支障をきたすこともあります。 治療により関節破壊の進行を止めることでこれを防ぐことに繋がります。

関節リウマチのイメージ

合併症のリスク

  • 関節の症状だけでなく、発熱、体重減少、倦怠感、骨がもろくなる、眼が乾く、肺炎にかかる、胃腸の調子が悪くなるなどさまざまな合併症が起こることがあります。これらは、関節リウマチに伴うものの他にも、治療薬の影響によって起こるものもあります。
  • 特に肺の合併症は治療が遅れると危険なものもあり、とても注意が必要です。空咳や息切れ等の症状は要注意ですので、医師に相談してください。

対処法

抗リウマチ薬や生物学的製剤を内服や注射で投与する治療が中心になります。関節の炎症を抑えることで、腫れや痛みを取り除き、関節が破壊されるのを防ぎます。必要に応じて、痛み止め等の薬を使用したり、リハビリや手術を行います。専門医による診断・治療を受ける事が望ましいです。

監修医師の画像
監修医師
手稲渓仁会病院 総合内科・医長
中村 海人

診療科・専門領域

  • リウマチ科
【経歴】 太田綜合病院附属太田西ノ内病院 国保松戸市立病院 千葉大学医学部附属病院 国保旭中央病院
監修医師詳細