ubie logo

「百日咳」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太 先生

罹って最初の1週間はかぜ症状が見られますが、次第に咳が強くなり、2週間くらいから短い間隔で咳が連続して出るようになります。1ヶ月位経つと収まって来ますが、3ヶ月位までは時々連続する咳が見られます。抗生物質で治療可能ですので病院を受診して下さい。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • せきが出る
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • 顔を真っ赤にして連続で咳き込む
  • 発作のように咳が出る
  • 機嫌が悪い
  • 体温が37.5℃以上

対処法

月齢が低いほど重症化する危険があります(肺炎や脳症など)。また咳が目立たないかわりに、息が止まってしまう無呼吸発作が見られることもあります。咳き込みで吐いたり哺乳が難しかったりする場合や、普段と呼吸の様子が異なる場合などは、受診を検討してください。

「百日咳」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

百日咳と関連性のある病気

適切な診療科

百日咳でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「百日咳」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太 先生
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「百日咳」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/whooping-cough-d438 #ユビーAI受診相談 #百日咳
テキストをコピー