ユビー

百日咳
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

百日咳について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

百日咳と関連性のある病気

適切な診療科

百日咳でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

百日咳とは

百日咳菌の感染により、風邪に似た症状の後、「コンコンコン」という短く連続する咳や「ヒュー」という呼吸音を生じます。必ずしも高熱には至りません。ワクチンを打っていないと、リスクが高まります。また、集団感染の報告もあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • せきが出る
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • 顔を真っ赤にして連続で咳き込む
  • 発作のように咳が出る
  • 機嫌が悪い
  • 体温が37.5℃以上

対処法

月齢が低いほど重症化する危険があります(肺炎や脳症など)。また咳が目立たないかわりに、息が止まってしまう無呼吸発作が見られることもあります。咳き込みで吐いたり哺乳が難しかったりする場合や、普段と呼吸の様子が異なる場合などは、受診を検討してください。適切な抗菌薬治療で軽快します。登校や出勤の停止が望ましい場合があるので、学校・職場・保健所などに確認をしてください。

近所の病院検索

百日咳の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細