ユビー

脳梗塞
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

「脳梗塞」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

脳梗塞と関連性のある病気

適切な診療科

脳梗塞でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「脳梗塞」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

脳梗塞とは脳内血管が詰まる事で発症します。リスク因子として、年齢、喫煙、飲酒、食生活、心房細動(不整脈)が挙げられます。脳への血流がなくなることで、手足が動かなくなったり、しびれたり、言葉がでなくなったり(失語)、視野の片側だけ見えなかったり(同名半盲)、様々な症状が出現します。一般的には、脳梗塞が進行し一度脳細胞が梗塞により壊れると、治療をしても再生することはありません。しかし、近年の医療の進歩で発症から来院までの時間が短く、かつ、画像や採血検査などで適応があると判断されれば再灌流療法(閉塞した動脈の中または周囲の血流を回復させるための治療法)により治療できることがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • いーと言うように口角を上げて笑顔をつくると片側の口角が上がらない
  • ろれつが回らない
  • 手足などに力の入らない部分がある
  • ぼけがある、認知症と医師に言われている
  • 物忘れがある
  • 集中力が下がっている
  • 顔の感覚がおかしい
  • 辻褄が合わない会話やおかしな行動をする
  • 触ってないのにジンジン、ピリピリとしびれる感じがする
  • 片目が見えない

対処法

片側の手足が動かない、しびれる、言葉が出ない、ろれつが回らないなどの症状が出現した場合、すぐに救急車を要請し専門機関を受診してください。発症から(検査の時間を含めて)4.5時間以内であれば血栓溶解療法(rt-PA静注療法)の適応になることがあります。発症から4.5時間以上経過していても、画像検査や状況によってはカテーテルによる血栓回収療法が適応になる場合があります。いずれにしても脳梗塞を疑う症状が出現した場合は1分でもはやく病院を受診することが重要です。

監修医師の画像
監修医師
日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

診療科・専門領域

  • 脳神経外科
【経歴】 2009年 山梨大学卒業 2011年 NTT東日本関東病院 脳神経外科 2013年 東京都立神経病院 脳神経外科 2014年 日本医科大学脳神経外科 (付属4病院および関連病院) 2020年 聖隷浜松病院てんかん科 2021年 日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長(現職)
監修医師詳細