ユビー

神経線維腫症
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:9/3/2020

監修医師:
笹岡 悠太(札幌医科大学救急医学講座 助教)
かんたん3分(無料)
神経線維腫症があなたの症状に関連するかチェック
interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

神経線維腫症について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
神経線維腫症に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
神経線維腫症に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

神経線維腫症とは

別名レックリングハウゼン病と言われます。神経線維腫症I型(NF1)は遺伝性の病気で、神経線維腫という皮膚の病変を特徴とし、骨、眼、神経系に病変を生じます。主な症状は皮膚に生じる「カフェオレ斑」です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 黄色や紅色の出来物がある
  • しこりがたくさん出来ている
  • 肌が茶色になっている部分がある
  • 皮ふが硬くなっている
  • 皮ふにコブ状のものがある・触れる
  • めまいがする
  • 頭痛がある・頭が重い
  • 目玉が飛び出している
  • 皮ふの黒ずみがある
  • 最近これまでと比べて精神状態に異変がある

対処法

遺伝性疾患であり、家族歴がある場合は専門医療機関で相談をしてください。

近所の病院検索

神経線維腫症の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

神経線維腫症について、医師からのよくある質問

  • しこりがたくさん出来ていますか?
  • 黄色や紅色の出来物がありますか?
  • 肌が茶色になっている部分がありますか?
  • 皮ふが硬くなっている場所がありますか?
  • 現在、皮ふにコブ状のものがある、または触れますか?
監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細