ユビー

夜驚症
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

「夜驚症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

夜驚症と関連性のある病気

適切な診療科

夜驚症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「夜驚症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

入眠1~2時間後に突然泣いたりパニック状態になります。話しかけても正常な応答はありません。通常10分程度で終息しますが、時に30-40分続くこともあります。再び入眠し、翌朝、本人は症状を覚えていません。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 眼が覚めると何をしていたか覚えていない
  • 手足の勝手な動きは夜にいつも起こる
  • けいれんの時に目を開けていた
  • 夜泣きをする
  • 壁を叩いたりしていた
  • 寝ているときに叫び声をあげて動き出した
  • 刺激をしても目覚めない
  • 手や足の勝手な動きは周りをさまようような動きをしていた
  • 夜中に途中で起きてしまう

対処法

昼間の刺激を増やし覚醒時間を増やし、夜に十分な睡眠時間を確保しましょう。誘因となるストレスを除去します。改善が乏しければ受診を推奨します。

「夜驚症」と似た病気からも調べられます

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細