ユビー

適応障害
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
白井 優

「適応障害」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

適応障害と関連性のある病気

適切な診療科

適応障害でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「適応障害」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

適応障害とは、ストレスを契機に不眠・動悸、抑うつ気分・不安などの心身の症状が現れ、社会生活や職業生活において大きな支障が生じる疾患です。適応障害では、ストレス因が明確であり、ストレスの始まりから3か月以内に症状が出現します。一般的に、症状はストレスが解消してから最長で6か月を超えないとされますが、時には長引くことがあります。外来で精神科治療をうけている人のうち、適応障害と診断される人の割合は5~20%程度であり、誰にでも起こりうる身近な疾患です。

関連症状

適応障害の症状は多彩です。典型的には、“気分が落ち込む・不安になる”といった精神的な症状や、“頭痛・不眠・眩暈”などの身体的な症状、そして“欠勤・遅刻・早退”といった行動面の異常が出現します(表1)。ストレスに誘発された心身の症状には、個人差がありますが、家庭生活や仕事・学業などの社会生活を続けることが困難となることは共通しています。

表1:適応障害の症状例

症状具体例
精神的な症状不安、抑うつ感、イライラ、焦り、考えられない、集中できない、など
身体的な症状不眠、吐き気、動悸、食欲不振、倦怠感、疲労感、頭痛、腹痛など
行動面の異常欠勤、遅刻、早退、ミスが増える、飲酒が増える、など

対処法

適応障害の治療についてです。治療のポイントは3点あります。

①ストレスから離れる

適応障害の契機となったストレスから離れることで、症状は改善に向かいます。職場や学校、家庭などで受けるストレスを軽減できるような環境調整を行い、それでも改善しない場合、十分な休養をとって心と体を休ませることも選択肢となります。

②ストレスに対処する

環境調整が難しく、ストレスから離れることが困難な場合があります。そのような場合は、ストレスとなっている出来事への捉え方を変えたり、ストレスを上手に逃がすことも重要となります。例えば、信頼を置ける人との相談、週末に趣味を楽しんだり、といった日々の小さな楽しみや達成感を感じられる体験を持つことは大切です。また、専門的な治療として行われる、認知行動療法やマインドフルネスなどは、ストレスの受け止め方を変えたりや心身をリラックスさせ、ストレスを軽減させる効果があります。

③薬物療法を検討する

薬物療法は、症状に対して対症療法的に用いられます。例えば、不眠があれば、睡眠導入剤を用いたり、不安があれば抗不安薬を用います。しかし薬による効果は、一般的に補助的なものと認識して下さい。

監修医師の画像
監修医師
白井 優

診療科・専門領域

  • 精神科
  • 心療内科
四谷ゆいクリニックにて英語圏、ポルトガル語圏のメンタルヘルス診療に従事。児童の神経発達症から認知症まで広く診療を行っている。ダイバーシティクリニック(www.diversity.clinic)を通じてメンタルヘルスの知見を発信している。
監修医師詳細