空咳

公開日

最終更新日

熱はないのに乾いた咳が続く場合に、考えられる原因はありますか?

京都大学医学部附属病院 呼吸器内科

山形 昂 監修

喘息、胃食道逆流症、薬の副作用、COPD、肺がんなどが考えられます。

解説

熱がないのに乾いた咳が続く場合、以下の原因が考えられます。

喘息

喘息は気道の炎症や過敏反応によって咳が続くことがありますが、熱は伴わないことが多いです。喘息の方は、空気の乾燥やタバコの煙、化学物質などが喉を刺激し、乾いた咳を引き起こすことがあります。また、花粉、ハウスダスト、ペットの毛などによるアレルギー反応でも、咳が出ることがあります。
なお、喘息の中で咳のみが症状のものを、咳喘息といいます。

胃食道逆流症

胃食道逆流症では、胃酸が食道に逆流することで、喉を刺激し、咳が出ることがあります。

薬の副作用

高血圧治療に使用される薬の一部が、乾いた咳を引き起こすことがあります。

COPD

COPDは慢性的な気道の炎症と閉塞を特徴とし、咳や痰の増加、息切れなどの症状を引き起こします。特に、初期段階では乾いた咳が続くことがあります。

肺がん

肺がんの初期症状として、乾いた咳が現れることがあります。咳が長期間続く場合や、血痰が見られる場合は、肺がんの可能性を考慮する必要があります。

症状が持続する場合は、医師の診察を受けることをおすすめします。

おすすめのQ&A

3日間続くひどい咳と発熱があります、何科を受診すべきでしょうか?

3日前から咳がひどく、夜も眠れません。体温は37.5℃以上で、のどと胸の痛み、血が混ざったたんも出ます。のどの痛みは4日前からで、黄色や緑色のたんが出始めて4日経過しています。精神的なストレスも感じており、何科を受診すべきか教えてください。かかりつけの病院がなく、相談しやすいところを探しています。よろしくお願いします。

質問者のイラスト

30代 / 男性

咳がひどくて夜眠れない、熱がでて喉が痛いとのことで、お辛いですね。いただいた情報をもとに精一杯回答させていただきます。

風邪や気管支炎の可能性があり、内科の受診が勧められます

あなたの症状からすると、いわゆる風邪と呼ばれるウイルス性上気道炎や気管支炎、肺炎などの呼吸器系の感染症の可能性が高いと考えられます。 咳、発熱、のどの痛み、胸の痛み、黄色や緑色の痰などはこれらの病気の典型的な症状です。

特に、血が混ざった痰が出ることは、おそらくは激しい咳と喀痰のために喉が傷ついてしまって出血していると思われますが、まれに肺の感染症や肺の血管の炎症による出血の可能性があります。 通常の風邪症状は、多くは3日程度で軽快することが多いです。しかしながら、あなたのように発熱、咳、喀痰が持続している場合は、いわゆる風邪をこじらせた状態(ウイルス感染の重症化)や、肺炎などの細菌感染の合併などの可能性があるため、早急に内科を受診することをおすすめします。

内科では、風邪や肺炎などの一般的な感染症から、ストレスや疲労による体調不良まで幅広く診療します。また、必要に応じて耳鼻咽喉科への紹介も可能です。また、精神的なストレスや肉体的な疲労を感じているとのことで、これらは免疫力を下げ、感染症にかかりやすくする要因となります。

この度は、ユビーかんたん医療相談でご相談いただきありがとうございます。ほかにも気になることがございましたら、いつでもご相談ください。

医師の回答を見る

関連するQ&A
関連する病気と症状

(参考文献)

こちらの記事は参考になりましたか?
よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

こちらは送信専用のフォームです。氏名やご自身の病気の詳細などの個人情報は入れないでください。

この記事をシェアする

他に気になることを調べたい方は

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について解説しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、医療機関への受診を考えている方向けに、20〜30問程度の質問に答えることで、あなたに関連性のある病名や、適切な受診先を無料で調べられます。

さっそく調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
治療法を調べる
治療法を調べる

治療案内ユビー

自身の治療情報を登録することで、治療の選択肢や使っている薬についてなど、あなたの参考になりそうな治療情報を調べられる機能です。

さっそく調べる
薬について調べる
薬について調べる

おくすりアシスタント

病気の治療に使われる薬を比較しながら、効能や副作用、気をつけることを確認できる機能です。※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

さっそく調べる

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。