ユビー

シーハン症候群(Sheehan症候群)
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:2/15/2022

監修医師:
小笹 勝巳

かんたん3分(無料)

シーハン症候群(Sheehan症候群)があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

シーハン症候群(Sheehan症候群)について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
シーハン症候群(Sheehan症候群)に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
シーハン症候群(Sheehan症候群)に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

シーハン症候群(Sheehan症候群)とは

出産時の大量出血が原因で脳の一部(下垂体)が壊死し、下垂体から分泌されるホルモンの量が低くなってしまうことです。無月経や産後の乳汁分泌低下や疲労などの原因となります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • これまでに出産をしたことがある
  • 出産時に輸血が必要なほど大量出血をした
  • 髪の毛が抜けてきている
  • 口の中が乾いている
  • 気持ちが落ち込んでいる
  • 手足などに力の入らない部分がある
  • 体のだるさがある
  • 生理周期(生理から次の生理までの期間)がおかしい

対処法

副腎ホルモンや甲状腺ホルモン、女性ホルモンなど分泌低下しているホルモンは補充する必要があります。出産時に大量出血したエピソードがあり症状が合致する方は専門医を受診してください。

近所の病院検索

シーハン症候群(Sheehan症候群)の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

シーハン症候群(Sheehan症候群)について、医師からのよくある質問

  • これまでに出産した経験がありますか?
  • 出産時に輸血が必要なほどの大量出血をしたことはありますか?
  • 最近、髪の毛が抜けてきたと感じますか?
  • 口の中が乾いていますか?
  • 最近、気持ちが落ち込んでいると感じますか?
監修医師の画像

監修医師

小笹 勝巳

診療科・専門領域

  • 産婦人科
大阪大学医学部卒。天理よろづ相談所病院、大阪大学医学部附属病院、大阪大学大学院、大阪府済生会中津病院、市立貝塚病院 副部長を経て、次のキャリアに向けて始動中。婦人科腫瘍、女性医学などの分野を中心に産婦人科全般の診療に携わっている。
監修医師詳細