ユビー

重症筋無力症
との関連性をAIで無料でチェック

「重症筋無力症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

重症筋無力症と関連性のある病気

適切な診療科

重症筋無力症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「重症筋無力症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

神経と筋肉のつなぎ目でおきる異常のため、はじめは筋力が入っても繰り返したりすると筋力の低下が出現します。眼だけに症状が出る眼瞼型と、全身に症状が出る全身型があります。一日の中で午後に疲労感や筋力の低下などを自覚します。眼瞼型は、午後にかけてまぶたが下がってきて目が開けられなくなることもあります。症状が進行すると、ものが飲み込みにくくなったり、食事の時に顎が疲れたり、話す時に鼻声になるなどの症状が出現します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 朝よりも夕方の方が体がだるく、筋肉がうまく動かない
  • 簡単な動作(歯みがきや整髪など)をするだけでも段々と動けなくなってくるが、休むとまた動けるようになる
  • まぶたが垂れ下がってしまい、目にかかってしまう
  • 体のだるさがある
  • ものが二重に見える
  • しびれや感覚のおかしさがある
  • 声のかすれは夕方から夜に強い
  • 最近目が見えにくくなった
  • ろれつが回らない
  • 顔面の筋肉が自由に動かない

対処法

特に全身型が疑われる場合は早急に脳神経内科医を受診する必要があります。神経と筋肉のつなぎ目に自己抗体ができることが原因ですので、その抗体検査を行い、免疫抑制治療を行います。胸腺腫が原因になることもあるので、胸腺腫の検査と必要があれば胸腺摘出手術も行います。多くの場合症状が改善しますが、生涯免疫抑制薬を内服する事が多いです。