ユビー

肺動脈性肺高血圧症
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:9/3/2020

監修医師:
白石 達也(東日本橋内科クリニック 院長)
かんたん3分(無料)
肺動脈性肺高血圧症があなたの症状に関連するかチェック
interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

肺動脈性肺高血圧症について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
肺動脈性肺高血圧症に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
肺動脈性肺高血圧症に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

肺動脈性肺高血圧症とは

肺高血圧症は、心臓から肺へ血液を送る血管の血圧が高くなる病気です。肺と心臓の血液の流れが悪くなるので、息苦しさや身体のだるさ、胸の痛みなど様々な症状があらわれます。肺高血圧症はその原因により大きく5つに分けられます。そのうちの1つである肺動脈性肺高血圧症は、右側の心臓から肺へ血液を送る血管が狭くなるために血液の流れが悪くなり、肺動脈の圧力が高くなる病気です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 息苦しさを感じる
  • 胸がどきどきする
  • 疲れやすさがある
  • 皮ふが青紫や青白い色になっている
  • 脈が乱れていると感じる
  • 指の皮ふの色が蒼白くなったあとに、紫色から赤色に変化する
  • 意識を一時失った
  • 不規則な動悸がする
  • 膠原病・リウマチ・自己免疫性の病気と診断されたことがある

進行後のリスク

肺の血管内側の空間が狭くなると、心臓の右側はより強い力で肺へ血液を送らなければならなくなります。そのため、肺に血液を送る心臓の右側に負担がかかり、心臓の筋肉が肥大します。この様な状態が続くと、心臓の右側の筋肉が負担に耐えきれなくなり、拡大したままで縮むことが出来なくなってしまいます。その結果、全身に血液(酸素)を必要なだけ送れなくなり、全身の機能が低下します。

「肺動脈性肺高血圧症」と似た病気

肺高血圧症には、他にも大きく4つの病気があります。例えば、肺の血管の内側に血のかたまりが詰まり血液が流れにくくなることで肺血圧症になる「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」等があります。

対処法

お薬を使って狭くなった血管を拡げることで、病気の進行を抑えることが期待できます。しかし、病気が進行して肺動脈が拡がりにくくなると、肺移植が必要となる場合があるため、より早い段階で病気の進行を抑えることが重要です。

近所の病院検索

肺動脈性肺高血圧症の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

肺動脈性肺高血圧症について、医師からのよくある質問

  • 現在、息苦しさを感じていますか?
  • 胸がどきどきしていますか?
  • 疲れやすさを感じていますか?
  • 皮ふの色が青紫色になっていますか?
  • 脈が乱れている、不整脈だと感じますか?
監修医師の画像
監修医師
東日本橋内科クリニック 院長
白石 達也

診療科・専門領域

  • 内科
  • 循環器内科
京都大学医学部卒。田附興風会医学研究所北野病院で臨床研修、仁生社江戸川病院で循環器内科医として勤務。Ubie社での勤務を経て、東日本橋内科クリニック院長。
監修医師詳細