皮膚の炎症が強い場合、まずは効果の強いステロイド外用薬をしっかりと使用しつつ、保湿を中心としたスキンケアも行います。
症状によっては、ステロイド外用薬以外の塗り薬(タクロリムス軟膏など)も併用します。
炎症が落ち着くとかゆみが軽減し、症状も改善していきます。
炎症が完全に治ったら、塗り薬を使う間隔を徐々に空けていき、皮膚の状態を良好に保っていきます。
最終的には、薬が不要になるレベルまで症状を抑えることが目標になります。

なお、塗り薬を使った治療では症状のコントロールが難しい場合、飲み薬や注射の製剤を併用することがあります。