「肝硬変」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

肝硬変

アルコールや脂肪肝などが原因で肝臓が傷つき、長年続くと固くなります。肝臓の機能が失われ、様々な不具合が出てきます。一度肝硬変になると直りません。

次の症状などが特徴として見られます。

  • むくみがある
  • 白目や皮ふが黄色くなっている
  • 太っている
  • てのひらが赤くなっている
  • 体のだるさがある
  • 左肋骨の下が張っている、何かが詰まっている感じがある
  • 手・腕のむくみがある
  • 髪の毛が抜けてきている
  • 尿の回数が増えた
  • 血を吐いた

肝臓の異常を指摘されたらそれ以上悪くならないように原因を控える(アルコールや脂肪分など)ことが必要です。専門の医療機関で定期的な検査が推奨されます。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
肝硬変の可能性
病院に行くべきか
肝硬変でおすすめの病院

「肝硬変」について気になる症状をまず1つ教えてください。

体重が減った
食欲がわかない
むくみがある
お腹が張る
頻尿である
体がだるい
夜間に頻尿がある
体重が増えた
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
© Ubie, Inc. 会社概要