ubie logo

「食道癌」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子 先生

食道にできる悪性腫瘍で、アルコールや喫煙、胃酸の逆流などが関係します。早期であれば内視鏡治療、それ以外は外科手術、抗がん剤治療、放射線治療などが適応になります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 胸の痛みがある
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • ノリの佃煮・もしくは墨のような黒い便が出ている
  • 最近やせてきた
  • 胸やけがする
  • 胸が締め付けられる感じの痛みがする

対処法

早期診断早期治療で根治が可能です。定期的な胃カメラの検査を推奨します。高濃度のアルコールや喫煙はやめましょう。

「食道癌」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

食道癌と関連性のある病気

適切な診療科

食道癌でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「食道癌」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子 先生
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「食道癌」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/esophageal-cancer-d76 #ユビーAI受診相談 #食道癌
テキストをコピー