ユビー

黄色ブドウ球菌
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作

「黄色ブドウ球菌」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

黄色ブドウ球菌と関連性のある病気

適切な診療科

黄色ブドウ球菌でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「黄色ブドウ球菌」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

健康者の鼻や喉、腸内にいる菌ですが、食品中で増えると食中毒を引き起こし、その食品を食べてから数時間で激しい嘔吐や下痢、腹痛などの症状が出現します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふに何らかの異常がある
  • 体温が37.5℃以上

対処法

特別な治療法はなく、水分補給と吐き気には吐き気止め、腹痛には痛み止めといった対症療法を行います。数日で改善します。

監修医師の画像
監修医師
新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作

診療科・専門領域

  • 内科
  • 呼吸器内科
  • アレルギー科
【経歴】 1995年 新潟県立新潟高等学校 卒業 2007年 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業 2011年 新潟大学医学部医学科 卒業 2011年 横須賀共済病院 初期研修 2013年 横須賀共済病院 呼吸器内科 2017年 東京医科歯科大学統合呼吸器病学分野 入局 2017年 青梅市立総合病院呼吸器内科 2019年 武蔵野赤十字病院呼吸器科 2021年 新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教(現在に至る)
監修医師詳細