ユビー

逆流性食道炎
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

逆流性食道炎について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

逆流性食道炎と関連性のある病気

適切な診療科

逆流性食道炎でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

胃食道逆流症(GERD)とは

胃酸が逆流することで、食道の粘膜を傷つけて食道炎を起こしたり、胸やけ、呑酸、のどの違和感、咳などの逆流症状を起こすもの。食道炎がなく、見た目上は変化がないが症状のみがある場合も含まれる。有病率は日本人の約10%といわれるが、近年はピロリ菌未感染者の増加や除菌療法が普及したことで、胃酸分泌が良くなり、結果的に逆流症状が増えている傾向がある。重症になると食道炎から出血して吐血してしまったり、狭窄といって食道が狭くなり、食べ物の通過が悪くなることもある。胃酸を抑える薬で基本的には症状は改善するが、元々の食道や胃の形が影響して治りにくい場合もある。食道がずっと胃酸にさらされていると、発癌のリスクにもなる。

関連症状

胃酸が上がってくる感じ、胸やけ、のどの違和感(イガイガ、飲み込みづらさ)、口の中が酸っぱい、呑酸、咳、げっぷがよく出るなどの症状が一般的。横になる時間が長い夜間や朝に症状が強くなることもしばしば。食道炎がひどくなると、出血して吐血してしまったり、食道が狭くなって、食事がとれなくなったり、吐いてしまうこともある。

対処法

自身でできることは生活習慣の改善。食後の姿勢保持(すぐ横にならない)、暴飲暴食はやめる、減量するなどでかなり症状が改善することがある。 胃酸を抑える薬を2~4週間飲み続け、症状が改善するかを確認する。改善すればいったん内服終了し、もし再発するようなら再度内服、しばらく継続する。治りにくい場合は長期の内服になることもある。また薬で症状が良くならない場合は、外科で全身麻酔下の手術をする場合もある。但しかなり侵襲の大きな手術になるため、なるべく薬の治療で経過をみることが多い。

詳しい解説

胃食道逆流症(GERD)」の解説を読む

近所の病院検索

胃食道逆流症(GERD)の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
  • 外科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。
監修医師詳細