ユビー

急性胆嚢炎
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

「急性胆嚢炎」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

急性胆嚢炎と関連性のある病気

適切な診療科

急性胆嚢炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「急性胆嚢炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

胆のう(肝臓で作られる胆汁が一時的に貯蔵される袋)が、感染や胆石による胆汁うっ滞で腫れる状態です。右肋骨下あたりの痛みや発熱がみられます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • お腹の痛みがある
  • 白目や皮ふが黄色くなっている
  • みぞおちに痛みがある
  • お腹を押すと激しく痛む
  • 油物を食べた後に痛みがある
  • 食欲がない
  • 食事をするとお腹の痛みが悪化する
  • お腹の右上が痛む
  • キリキリとうずく痛みが繰り返す
  • お腹の特定の一部分が痛む

対処法

食事の刺激で増悪するので、食事摂取を控え薬の治療が必要になります。場合によっては溜まった胆汁を排泄させる治療や、胆のうを取り出す手術が必要になります。

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
  • 外科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。
監修医師詳細