「急性胆嚢炎」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

急性胆嚢炎

胆のう(肝臓で作られる胆汁が一時的に貯蔵される袋)が、感染や胆石による胆汁うっ滞で腫れる状態です。右肋骨下あたりの痛みや発熱がみられます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • お腹の痛みがある
  • 白目や皮ふが黄色くなっている
  • みぞおちに痛みがある
  • お腹を押すと激しく痛む
  • 食欲がない
  • 食事をするとお腹の痛みが悪化する

対処法

食事の刺激で増悪するので、食事摂取を控え薬の治療が必要になります。場合によっては溜まった胆汁を排泄させる治療や、胆のうを取り出す手術が必要になります。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
急性胆嚢炎との関連性
受診すべき診療科
急性胆嚢炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「急性胆嚢炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

腹痛がある
発熱がある
腹痛部分を押すと悪化する
食欲がわかない
吐き気がある
寒気がする
背中が痛い
へそ周りの広範囲に痛みがある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「急性胆嚢炎」と似た病気からも調べられます

ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています