ubie logo

「過敏性腸症候群」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
吉岡 藍子 先生

精神的ストレスや自律神経の乱れによって、腹痛やおなかの張りといった不快感、下痢、便秘などを繰り返す状態をいう。症状の診断においては、他に腸の病気が無いか、少なくとも3カ月以上症状が繰り返されているかといった点が考慮される。有病率は日本人の約10%といわれ、症状のタイプによって下痢型、便秘型、混合型に分けられる。

関連症状

腹痛、お腹の張り、しぶり腹(お腹が動く、痛い程では無いがゴロゴロする、便が出そうで出ないなど)、下痢、便秘などの一般的なお腹の症状。特に、腹痛や不快感があって、排便後に症状が良くなることは典型的。血便は見られないため、血便が出現したときは他の病気を疑うサイン。場合によっては、腹部の症状と一緒に頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出ることもある。

対処法

下痢型、便秘型、混合型に分類した後、それぞれの型に対する治療を行う。まずは共通して食生活や生活習慣の改善を図り、消化管運動調節薬や整腸剤の服薬から開始。下痢に対しては下痢止め、便秘に対しては下剤の薬を使用して排便調節していく。これらの治療で良くならないときは薬の種類を変更したり、心理状態が大きくかかわっているような場合、その心理状態を緩和するような薬を併用する。うつや不安に対する治療介入が必要になる場合があるので、精神科や心療内科との連携も必要になることがある。

「過敏性腸症候群」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

過敏性腸症候群と関連性のある病気

適切な診療科

過敏性腸症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「過敏性腸症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
監修医師の画像
監修医師
吉岡 藍子 先生
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「過敏性腸症候群」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/ibs-d288 #ユビーAI受診相談 #過敏性腸症候群
テキストをコピー