「過敏性腸症候群」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

過敏性腸症候群

検査で腸に異常がないにもかかわらず、腹痛・下痢・便秘などを繰り返します。明らかな原因は不明ですが、自律神経の乱れやストレス、疲れが影響するといわれています。

次の症状などが特徴として見られます。

  • お腹の痛みがある
  • お腹にガスがたまったり、張った感じがする
  • お腹がゴロゴロ言っている
  • 腹痛がはじまると便がゆるくなる
  • 便が出るとお腹の痛みがおさまる
  • 腹痛がはじまると便の回数が多くなる
  • 食事をするとお腹の痛みが悪化する
  • 症状が一定の時間をおいて周期的に現れる
  • 朝の登園前によく下痢をする
  • 心理的ストレス(学校へ行くのを明らかに嫌がる等)を感じている様子である

ストレスをため込まない、規則的な生活、バランスのとれた食事などで症状が緩和される場合がありますが、無理に我慢をせず専門の医療機関を受診しましょう。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
過敏性腸症候群の可能性
病院に行くべきか
過敏性腸症候群でおすすめの病院

「過敏性腸症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

夜中に下痢でトイレに起きてしまう
お腹の左上が痛む
胃酸がこみ上げてくる感じがする
口の中がすっぱい
お腹を下している
お腹の調子が悪い
下痢気味である
便が緩い
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
© Ubie, Inc. 会社概要