ubie logo

「便秘症」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫 先生

便秘とは、本来からだの外に出すべき便を十分量かつ快適に排出できない状態。便秘によって腹痛、努責(踏ん張ること)や残便感などの症状があり、検査や治療が必要な状態が便秘症と定義される。有病率は日本人の2~28%で定義や調査によって大きく幅があるが高齢になるほど増える傾向がある。

関連症状

排便回数の低下(3日に1回も出ていない、以前より便の出が悪くなったなど)、便がたまることでお腹が張ったり、食欲低下がおこる、腹痛、排便時の痛み、過度の努責が必要、排便までに時間がかかる(5分以上)、残便感がある、など程度や種類は人それぞれ異なる。

対処法

背景に病気があればそれに対する治療を行う。水分不足や食物繊維不足には食生活を見直して摂取不足を改善する。薬の治療としては、便を柔らかくするタイプ、腸の動きを促すタイプでそれぞれ何種類かあるため、単独で使用したり組み合わせて使用する。毎日内服する薬と屯用で使う薬を組み合わせて排便調節していく。また、漢方で便秘に使う薬も何種類もあるので、体質に合わせて使うことがある。

「便秘症」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

便秘症と関連性のある病気

適切な診療科

便秘症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「便秘症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫 先生
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「便秘症」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/constipation-d456 #ユビーAI受診相談 #便秘症
テキストをコピー