ユビー

便秘症
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:10/20/2022

監修医師:
吉岡 藍子(新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野 医員)

かんたん3分(無料)

便秘症があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

便秘症について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
便秘症に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
便秘症に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

便秘症とは

便秘とは、本来からだの外に出すべき便を十分量かつ快適に排出できない状態。便秘によって腹痛、努責(踏ん張ること)や残便感などの症状があり、検査や治療が必要な状態が便秘症と定義される。有病率は日本人の2~28%で定義や調査によって大きく幅があるが高齢になるほど増える傾向がある。

関連症状

排便回数の低下(3日に1回も出ていない、以前より便の出が悪くなったなど)、便がたまることでお腹が張ったり、食欲低下がおこる、腹痛、排便時の痛み、過度の努責が必要、排便までに時間がかかる(5分以上)、残便感がある、など程度や種類は人それぞれ異なる。

対処法

背景に病気があればそれに対する治療を行う。水分不足や食物繊維不足には食生活を見直して摂取不足を改善する。薬の治療としては、便を柔らかくするタイプ、腸の動きを促すタイプでそれぞれ何種類かあるため、単独で使用したり組み合わせて使用する。毎日内服する薬と屯用で使う薬を組み合わせて排便調節していく。また、漢方で便秘に使う薬も何種類もあるので、体質に合わせて使うことがある。

詳しい解説

便秘症」の解説を読む

近所の病院検索

便秘症の専門医がいる病院を見る

便秘症のQ&A

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

便秘症について、医師からのよくある質問

  • 最後にした便が固い、もしくは兎の糞の様でしたか?
  • お腹の痛みがありますか?
  • お腹の痛みは波がありますか?
  • 最近便が硬い、あるいは出ていないですか?
  • お腹にガスがたまったり、張った感じがしていますか?
監修医師の画像

監修医師

新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野 医員
吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
  • 外科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。 2022年4月から新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野所属。
監修医師詳細