ユビー

強迫性障害
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
白井 優

強迫性障害について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

強迫性障害と関連性のある病気

適切な診療科

強迫性障害でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

ささいなことと自覚していながらも、頭から離れない状態です。「出かける際に鍵をかけたか心配で、何度も確認する」「手の汚れが気になって、何度も洗ってしまう」ような事例がわかりやすいでしょう。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 不合理だがやめられない行動がある
  • 戸締まりやガス栓などの頻回な確認行為
  • 不安感がある
  • 穏やかさを保てない
  • 些細な刺激に敏感
  • 不安や心配が治まらず、とめどなく出てくる
  • 何かにつけて不安になる
  • 気持ちが高ぶったり、恐怖を感じたりする
  • 焦燥感が拭えず、落ち着かない
  • イライラする感じがある

対処法

まずは心療内科もしくは精神科を受診します。行動認知療法で改善できない場合には、薬を使うこともあります。

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
白井 優

診療科・専門領域

  • 精神科
  • 心療内科
四谷ゆいクリニックにて英語圏、ポルトガル語圏のメンタルヘルス診療に従事。児童の神経発達症から認知症まで広く診療を行っている。ダイバーシティクリニック(www.diversity.clinic)を通じてメンタルヘルスの知見を発信している。
監修医師詳細