ユビー

腸が腫れる
という症状の原因と、関連する病気をAIで無料チェック

更新日:2023/12/25

監修医師:
吉岡 藍子(新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野医員)

「腸が腫れる」がどの病気に関連するかAIでチェックする

かんたん3分(無料)

「腸が腫れる」がどの病気に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

腸が腫れるという症状について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
症状の原因、関連する病気、対処法がわかる
featureHospitalIcon
適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

「腸が腫れる」はどんな症状ですか?

腸が腫れるとは

腸が腫れる」に関連する症状はありますか?

  • 腹部の膨満感がある

  • 腸が張る

  • お腹がふくれた感じがする

「腸が腫れる」のQ&A

  • A.

    お腹が全体的もしくは部分的に張って苦しくなる症状です。

    解説

    お腹が全体的もしくは部分的に張って苦しくなる症状を「お腹の張り」もしくは「腹部膨満感」と呼びます。
    お腹が実際に膨れる場合もあれば、見た目は膨れていないものの張って苦しく感じる場合もあります。
    吐き気や便秘、下痢を伴うこともあります。

    「ユビー病気のQ&A」を見る
  • A.

    出血を伴う場合や痛みを感じる場合にはかかりつけの産婦人科に連絡しましょう。

    解説

    軽い症状であれば、正常の妊娠でもよく見られる症状であり、基本的には休養をとることで経過をみるとよいでしょう。
    ただし、出血がある場合や、痛みを感じる場合には切迫流産の可能性があるので、かかりつけの産婦人科医と相談するようにしてください。

    「ユビー病気のQ&A」を見る
  • A.

    安定期でも子宮の筋肉の収縮に伴うお腹の張りを感じることがあります。

    解説

    安定期においても子宮筋の収縮に伴うお腹の張りを感じることがあり、ブラクストン・ヒックス収縮と呼ばれています。
    ブラクストン・ヒックス収縮には以下のような特徴があるとされています。

    ブラクストン・ヒックス収縮の特徴

    • 痛みを伴わない程度の張り
    • 子宮の一部のみが硬くなる
    • 頻度や強さが不規則
    • 活動後や排尿前などに感じやすい

    ブラクストン・ヒックス収縮は、正常な妊娠経過においても認められるものですが、以下のような症状がある場合には、早産のリスクが高い、あるいは胎児の状態が悪化している可能性があります。

    早産のリスクが高い、あるいは胎児の状態が悪化している場合

    • 規則的な痛みを感じる
    • 出血、破水感を伴う
    • 胎動が明らかに減少している、あるいは胎動を感じない

    上記に該当する場合は、早期にかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

    「ユビー病気のQ&A」を見る

腸が腫れるという症状はどんな病気に関連しますか?

腸が腫れるという症状の原因となる主な病気は次のとおりです。
  • 嚢胞性線維症
  • ニーマン・ピック病(Niemann-Pick病)
  • 門脈圧亢進症
  • 腸重積症
  • 便秘症
  • 食道静脈瘤破裂
  • 先天性肥厚性幽門狭窄症
  • 呑気症(空気嚥下症)
  • 壊死性腸炎
  • 腸閉塞
すぐに病院を受診すべき、腸が腫れる場合に関連する病気もあります。
  • 急性膵炎
  • 腸重積症
  • 食道静脈瘤破裂
  • 腸閉塞
  • 不完全腸閉塞
  • 急性胃軸捻転
  • ニーマン・ピック病(Niemann-Pick病)
  • 壊死性腸炎

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野医員
吉岡 藍子 先生

診療科・専門領域

  • 消化器内科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。 2022年4月から新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野所属。
監修医師詳細