「気管支喘息」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

気管支喘息

気管支が刺激に対して過敏になることで起こる病気です。風邪やアレルゲン曝露などの刺激をきっかけに咳や喘鳴(呼吸のときにヒューヒューと隙間風のような音が鳴る)、息苦しさが起こり、時に低酸素血症を起こします。

次の症状などが特徴として見られます。

  • 息が苦しくなって目が覚める
  • 息苦しさを感じる
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • せきが出る
  • ぜん息(あるいは小児ぜん息)と医師に言われたことがある
  • 夜中や朝起きた時に症状が出る
  • 体のだるさがある

重症度に応じて点滴(発作時)・内服・吸入薬を使って治療を行います。息苦しさがある場合は速やかに医療機関を受診してください。症状が改善しても気管支の過敏性を抑えるために治療を継続することが重要です。アレルゲンが特定されている場合は、そのアレルゲンを吸入しないよう生活環境を整えることや、風邪をひかないこと、身体的・精神的ストレスをかけないようにすることが有効です。喫煙している方は禁煙しましょう。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
気管支喘息の可能性
病院に行くべきか
気管支喘息でおすすめの病院

「気管支喘息」について気になる症状をまず1つ教えてください。

声がかすれる
食欲がわかない
咳が止まらない
夜中に息が苦しい
息がヒューヒューする
息切れ
息が苦しい
寝ていても息苦しさで覚醒してしまう
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
© Ubie, Inc. 会社概要